脱毛サロンに関する不安や疑問を解決しちゃいましょう!

エステサロンでの脱毛時に感じる痛みについて

脱毛のためにエステサロンに通うことを考えている場合、気になることの一つに 痛みという問題があると思います。 キレイになりたいけれど、痛い思いをするのはイヤですよね。 どの程度の痛みがあるのか、またどの辺の部位が痛みを感じやすいのかということを 調べてみました。

現在多くの脱毛サロンで主流になっている脱毛法は光脱毛です。 毛根部分に光を当てるだけなら痛くないのでは?と思うかもしれませんが、 やはりダメージを与えるからには完全に無痛というわけにはいかないようです。

それほど強い痛みではないという人もいますが、だいたい輪ゴムを軽くはじいた 時のような痛みと形容されることが多いです。 輪ゴムを1回弾かれただけならいいですが、毛が生えている部分は広範囲ですから 光を当てるたびに痛いと気持ちがくじけてしまいそうです。

でも脱毛サロンによっては痛みが強い人には冷やしながら脱毛するなどの 対策をとってくれますから、あまり心配することはないかもしれません。 脱毛の時に照射する光は毛根の黒色に反応するので、最初のうちは少し 痛いかもしれませんが、毛の本数が減ったり毛根が弱っていくうちに、 あまり痛みを感じなくなっていくでしょう。

また光脱毛の機械も進化していて、痛みが強く出ない機器を使っている サロンもあるようです。 痛みに弱い人にとってはありがたいですね。 ただ、痛みを感じない分脱毛効果も低下していることがあるので、 脱毛の期間が長引くことも考えられます。

多少痛くても短い期間で脱毛を済ませたい人は上記のような機械は ふさわしくないということになるでしょう。 また全身の中でもとくに痛みを感じやすいのは、VラインとIラインです。

もともとデリケートな部分ですから、多少痛いだろうというのは想像できます。 この部分の毛は太いこともあり、脱毛するには機械の出力を上げなければ なりません。 心配な方は事前にカウンセリングを受けて、痛みについて十分な説明を 受けておくようにしましょう。

脱毛後は紫外線に注意

近年、脱毛を希望する人が増えている影響もあり、脱毛サロンの出店が相次いでいます。 大手のチェーンは全国展開し、価格競争もあって、以前と比べると随分脱毛を受けやすくなりました。

中小規模の脱毛サロンも増えており、中小規模ならではきめ細やかなサービスや地元密着型などで、こちらも人気を博しています。脱毛サロンやエステにとどまらず、美容形成外科、皮膚科をはじめてして医療機関でも脱毛に力を入れて行うところも増えてきました。

脱毛が身近になり、多くの人が体験する機会が増えた分、トラブルなども起こっているようです。 中でも、肌のタイプや脱毛方法によらず、脱毛をするすべての人に注意してもらいたいことがあります。 それは、紫外線からの影響です。

紫外線は、日焼けだけではなく、シミやしわ、肌の老化などさまざまなトラブルを起こす原因として今や有名になっています。近年は、オゾン層破壊の影響などもあって、昔よりも太陽から降り注ぐ紫外線が多くなり、皮膚がんを引き起こす可能性すらあると言われているほどです。

もちろん、脱毛サロンや医療機関では安全性を十分に考慮されていますから、脱毛を行うことが直接皮膚がんを引き起こすようなことはありませんが、美容の面では注意が必要になります。

脱毛サロン、医療機関で行う脱毛は、出力の違いなどに違いはあるものの、黒い色に反応して脱毛をするという仕組みはほぼ同じようなものです。 脱毛処理後の肌は、レーザー光などからの影響により、非常に過敏になっています。

紫外線などから肌を保護する働きも、落ちているのです。 ここに強い紫外線を浴びてしまうと、肌を傷めたり、赤み、シミ、しわなどの原因になります。

脱毛の前後に説明があるとは思いますが、自分でも紫外線から守る対策は十分に行いましょう。 日焼け止めや上着、帽子などを持参して、紫外線に直接肌が触れることがないようにしたいですね。 できれば、脱毛後1週間くらいは日焼けをするようなことは避けるようにしたほうがよいでしょう。

脱毛後は保湿をする

脱毛の前後は紫外線が大敵であることはよく知られています。 脱毛後にとどまらず、普段からも必要以上に紫外線を浴びすぎることは、シミやしわ、肌の老化の原因となるのです。

脱毛後は特に、レーザー光などの影響から、肌が非常にデリケートな状態にあります。 そこに強い紫外線を浴びると、さまざまなトラブルを引き起こすことがあるので、気をつけたいですね。

脱毛後は、基本的に肌が直接紫外線がさらされることのないように、日焼け止めや防止、上着などをうまく使いましょう。脱毛サロンやクリニックで説明があったときは、それに従いましょう。 事前の説明がなくても、帰りに困ることがないよう、上着などはあらかじめ準備しておきたいですね。

そして脱毛後、忘れたくないのが保湿です。 脱毛後の肌は傷みやすく、乾燥しがちになります。 きちんと保湿をすることで、余計な肌トラブルを防止できるほか、よりツルツルでなめらかな肌を導くことができるのです。

脱毛サロンやクリニックで塗布してもらえることもありますが、帰宅後や日々の入浴後などにも使える、肌にやさしい保湿剤を用意しておきましょう。

脱毛をした当日は特に肌が過敏な状態にあります。 長風呂やバスタブへの入浴は避け、ぬるめのシャワーでサッと済ますようにしましょう。 熱いお湯も、脱毛後の敏感な肌には、ダメージになります。

ヤケドを起こしやすい状態にありますし、ヤケドとまではいかなくても、肌の赤みや腫れなどの原因となる可能性がないわけではありません。 入浴後は、すぐに保湿剤でたっぷりと保湿することがポイントです。 ここはケチなことをせずに、たっぷりと肌に浸透させてあげてください。

こうすることで脱毛をしていくうちに、ムダ毛がなくなってツルツルになるだけでなく、肌も潤ってよりなめらかな肌が手に入ります。 しっかりと保湿をした上で、外出前にはさらに日焼け止めクリームや肌を露出しない服装をするなど心がけましょう。 せっかくきれいな肌を手に入れるために脱毛をするのですから、肌トラブルだけは絶対に避けたいですね。